読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネイリストでワーホリから永住権へ☆in オーストラリア

これからネイリストになって来年2016年にはワーホリで渡豪する予定です。それから永住権取ってオーストラリアで活躍できるネイリストになる!!

ネイルスクール選び

今日はネイルスクールの比較をしたいと思います。
2ヶ月間いろいろ調べた集大成なので私なりの見解ですが参考になれば幸いです。

①大手ネイルスクール

私は最初から通うことをあまり考えていませんでした。これはわたしの性格上大手を毛嫌いする傾向にあって、実際に見ても色眼鏡がかかってる状態でしかジャッジができなかったことをご了承下さい。何と言ってもここはパンフレット請求しただけで学校見学してません!

1:授業料
大手はやはり授業料が高い!100万は見積もっておかないとって感じで、しかも支払い方法が一括かローン組むかとかで払いにくい。(その高額な授業料には広告代とかも含まれてんじゃないの〜?って思ってしまいます)

2:授業形態
少人数制を謳ってるけどマンツーマンではないので相モデルしてる時間がもったいない。授業の半分は見てるだけになってしまう。しかしこれが勉強になるという人もいるみたいだからメリットにもなる!
※これは他のスクールで聞いたんだけど大手のスクールて道具を一括で買わせるけど、それは学校側が効率良く授業を運営するために例えばアートを受けたい生徒さんが多ければ人数が少ないケアの授業に半々になるように分けて少人数として授業をすると。これはアートやるつもり来たけどケアになっちゃったーってときに道具一式持っていれば対応できるからとのことです。とあるスクールの方が言ってたので真偽の程は定かではないです。

3:就職
大手のメリットは就職のときに名前が通ってるからとか書いてあるサイトもあったけど、果たしてそうなのか。今ネイルサロンでは全体的に人手不足の傾向にあるらしい。だから資格さえ持っていれば就職先は困らないと聞きました。ヒューマンなんかだと提携してるダッシングディバに就職しやすいとかありそうだけど、とにかく現状就職はしやすいから就職をウリにしているスクールはそれしかアピール方法がないのかなと思います。

長くなったので次いきます。

liveinaus.hatenablog.com