読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネイリストでワーホリから永住権へ☆in オーストラリア

これからネイリストになって来年2016年にはワーホリで渡豪する予定です。それから永住権取ってオーストラリアで活躍できるネイリストになる!!

ネイル検定2級再 ケアカラー

落ちてから1回目のスクール。

とりあえずチップラップと梅のアートをデザイン違いで3枚持って行ったのと

本番の写真を見せてケア一通りとカラーをやって、落ちた原因を教えてもらいました。

 

この日先生に落ちた原因を言い当てられるまでは日に日に前向きになってはきたけど100%落ちた事に納得していなかったけど

この2時間で落ちてよかったなと思えるようになりました。

 

まず本番の仕上がりです。


f:id:liveinaus:20151206153610j:image

 
f:id:liveinaus:20151206153631j:image
 
・ラウンドのバランスが悪い
・赤ポリキューティクルと隙間があいてるし平行じゃない。ラインがたついている。コーナーが塗れていない。
・チップラップのハーフチップが小さい
 
カラーとチップラップでやったら大減点だよってことを狙ったかのようにやらかしていました。
カラーリングやばいねって言われたときはにわかに信じられなかった。これをやばいと思ってなかったから。
やばいって言われて画像見てあ、確かにやばいって気づい感じ。
 
でもなんで私は本番で練習通りできたーって満足していたんだろう?
 
そこを先生にずばっと言われてあー落ちてよかったと思いました。
 
私の場合「動作>仕上がり」だったということ。
 
学校ではこういう仕上がりになるためにこういう動作をしてね。っていうので授業中先生に動作を注意されてそれを直していってってやってたんだけど
その動作を完璧にやったとしてもそれが必ずしも完璧な仕上がりにはならない。
なんだけど仕上がりのキレイさとか今まで正直あまり気にしたことがなかった
というか先生に言われた動作がちゃんとできないと仕上がりもキレイに見えなかったから、作業ありきでした。
 
つまりそれって相手のことをまったく考えてなくて自己満足、自分が納得できればいいから独りよがりのすごく嫌なネイリストになっちゃうよって言われてはっとしました。
これからネイルサロンで働いてお客さんからクレームが来ても「爪の形が…」とか相手のせいにしたり失敗したら逃げたり、、
 
自分の技術に満足した時点で伸びないから常に客観視して技術には謙虚に。
でも今独りよがりの嫌なネイリストはとても多いから今気づけて良かったね。落ちるのには必ず意味がある、落ちるべくして落ちたんだよ と言われてようやくこの結果を前向きにとらえられるようになりました。
 
自分の基準と合格基準が違ったので実感ないまま、原因が分からないまま2級に落ちたというわけです。
 
ケアカラーもちょいちょい変な癖がついていたり目的に適う動作ができていなかったりしたので微調整。
今回でもっと仕上がりを意識しようっていうのは分かったけどそれだけで次合格するレベルまでなるのかはすごく不安。。
 
まぁ次落ちたとしてもそれはそれで意味のあることだろうし、
別に早く合格することが目的ではないんだし。今できる精一杯のことを悔いが残らないように練習しよう。