読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネイリストでワーホリから永住権へ☆in オーストラリア

これからネイリストになって来年2016年にはワーホリで渡豪する予定です。それから永住権取ってオーストラリアで活躍できるネイリストになる!!

1級コース9回目

オーバーレイは一応終わってスカルプに入りました。

 
今日は先生のデモがメイン。
作品もらうの忘れた...(T_T)
 
 
オーバーレイとスカはフォームのひと手間があるのと、ハーフチップ分の厚みが無くなるからミクスチュアがやや大きくなるのが違うだけで
2ボール目、3ボール目、ファイリングは一緒。
 
ピンチはチップが無くて全部がミクスチュアだから入りやすいくらいの違い。
 
中級のときで苦戦したフォームセット再び。
 
でもなぜ隙間が出来たのか、ずれるのかの理由は言葉では理解できた。
 
ポイントとしてはフォームにCカーブスティック(フルーリアの1番細いの)でCカーブをしっかりとつけてフォーム持ったら
作ったCカーブを広げずそのままチップに差し込む。
 
これが超重要。
 
そのためには自爪のフリーエッジ側半分とフォームのメモリ少しだけに焦点をあてて、フォーム完全に装着するまで一切視線をずらさないこと。
 
これも重要だが難しい。
 
Cカーブ保ったまま自爪に滑り込ませるようにセット(ストレスポイントまで届いてる&まっすぐ)→親指でそのまま皮膚につけてぐーっと抑えたまま人差し指を抜く
 
→ウィングは端と端を左右対称に合わせて(この時だけさっきの視点じゃなくてよし)→CカーブスティックでCカーブと幅を整える
 
ざっくりした工程だけど全部を同じ所見ながらやると絶対にズレない。
本当は写真撮りたいけど一人じゃ無理だった笑
 
最初にCカーブをちゃんと作ると広げた状態から装着するのだと隙間できるけどキレイに貼れます。
 
言葉で言うのは簡単だけど慣れるのには時間かかりそうだなぁ。
 
でも慣れれば出来そう!
 
フォームは何回やってもうまく出来なかったけどアプリケーション1回だけやった。
 

f:id:liveinaus:20161013070929j:image
 

f:id:liveinaus:20161013070938j:image
 
ピンクがボコボコしてるのは筆を爪先まで引かなかった(途中で離していた)のと
先生の指摘が入りながらで遅かったから。
 
スカが初めての割にはまぁフリーエッジできたと言われたが、それよりもいつも悩んでた現象が2つ解決しそう。
 
1ボール目が右に流れて長さも厚みも右に持ってかれてしまう
→これはミクスチュアがだれきるまで待ててなかった。早くて何回やってもだれるし、そもそも真ん中まできちんと厚みを寄せていないのに真ん中の厚みをバーンって潰してたから左右で同じ量に分かれなかった。
 
なのでミクスチュアをよーく観察してだれなくなったら真ん中まで寄せる。焦らない。
 
それとピンクで形が崩れる
→ミクスチュアが柔らかいとか小さいのかと思ってたらブラシを先端まで引ききっていないことが分かった。
 
 
よし割と褒められて猛烈に練習したい気分!
 
エンジンかかるまで時間かかったけど成長スピード神がかってる!*(^o^)/*