ネイリストでワーホリから永住権へ☆in オーストラリア

これからネイリストになって来年2016年にはワーホリで渡豪する予定です。それから永住権取ってオーストラリアで活躍できるネイリストになる!!

1級コース10回目

学校行く前日にやったスカ。

 
f:id:liveinaus:20161019181903j:image
 

f:id:liveinaus:20161019181913j:image
 

f:id:liveinaus:20161019181921j:image
 

f:id:liveinaus:20161019181931j:image
 
厚みの正解が掴めてないし、表面はファイリングしてもボコボコ。そしてスクラッチいっぱい。
 
 
今日はがっつりスカのアプリケーション。
 
フォーム装着はひどくなかった。
作る長さまでのCカーブ整えるのと、アウトラインまっすぐにするというのが抜けてて
自分でフォーム装着のハードルを上げてた。フォームの先端まで先細にしないとか、Cカーブも先端ばっか見ててよく分かってなかったし。
 
ハンドにつけるチップも左右非対称の丸みだったから真ん中が分かりにくくなってた。
人の爪は左右対称ではないけど今のうちに左右対称で慣れておくようにとのこと。
 
難しくしていた部分を直したら割とすんなり付けられた。
 
それでも苦戦してると思ったけど出来ている方らしい。でも練習で時間食うからもっと楽に付けれるようになりたいよね。
 
あとはアプリケーションが結構修正ポイントあって目からウロコでした。
 
・後たしを何回もしてしまう
→足りないと思った凹みは足りてるへこみ?足りてない凹み?
作りたいアーチに対してはみ出ちゃった場合、その膨らんでる部分を削れば目標とするアーチになるはずなのに膨らんでる部分を基準に考えてしまうから足してしまって、結果的にアーチは繋がるけど分厚くなる。
 
これは1ボール目、2ボール目それぞれ終わった段階でアーチが繋がっているかをただ視界に入れるのではなく判断すること。
例えば1ボール目OK(作りたいアーチの1部になってる)、2ボール目で1ボール目と繋がって半分のアーチが出来ました。3ボール目やってみたら2ボール目がへこんでる
 
超あるあるだけど、これは1と2でアーチ繋がっていたんだから2ボール目はへこんでいない。3ボール目が膨らんでるだけだ というジャッジが出来て後たししなくなる。
 
なるほど~と思っていざやってみるとこの判断が難しい!
 
横からのアーチを見るようにはなったけど判断していない。
 
これは相当訓練が必要だぞ。
 
でも先生が言ってたのは目標さえ出来れば例え出来なくても上達は早い。
 
だから出来ない事が苦しいけどこの目標がなるべくぶれないように訓練するようにしないと。
 
ブラシワークとかも結構指摘され、今日のお題を付箋に箇条書きにしてアームレストに貼りながら練習してみようかな。

授業でやった私のスカルプピンチなし。

f:id:liveinaus:20161020110800j:image
 

f:id:liveinaus:20161020110809j:image
 

f:id:liveinaus:20161020110821j:image

下が先生のピンチなし。
 

f:id:liveinaus:20161020110832j:image
 

f:id:liveinaus:20161020110904j:image
 

f:id:liveinaus:20161020110916j:image
 


f:id:liveinaus:20161020110929j:image

 
今日とりあえず笑ったのはハイポイントをどうしてもハイボールと言ってしまったこと。ここ2日くらい暑かったからね笑 願望出ちゃってるね笑