読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネイリストでワーホリから永住権へ☆in オーストラリア

これからネイリストになって来年2016年にはワーホリで渡豪する予定です。それから永住権取ってオーストラリアで活躍できるネイリストになる!!

ネイリスト就活記 本命サロンの面接

 ネット上で応募してから2週間後。1社目、そして本命のサロンさんの面接受けてきました。

このサロン私の希望全てクリアしてる唯一のサロン。

土日休める、社保完備、通勤30分以内、給料は安いけど最初から正社員。産休育休可。接客レベルも高い。

パーフェクト!!!!✨

 

就活をちょっと甘く見ていた私は1発目に本命をあててしまった。。

私の不安要素は未経験ってこと、既婚だし若くないので子供の予定、マシン使えないこと ここがひっかかるかなと思っています。

 

服装は黒スーツ。ただ就活生みたいにださいのは嫌だからシャツではなく白カットソーで、スーツも1つボタンにパンツはクロップド丈。パンプスも黒だけど就活生用のではなかった。ネイルは前回の記事の感じで。

 

行きの電車で社長のメッセージ読んだり、ブログ確認しておきました。あと念には念をでサロンの総数とか社長の名前も覚えておいた。

 

面接場所は本社のトレーニングスペース。

最初着いてからアンケート記入しました。

内容は現職のこと(休み、給料とか)、希望給、サロン見学の感想、志望動機、サロン就活で何を重視するか、他の選考状況。

 

面接は履歴書、このアンケート用紙をもとに女性社員の方と1:1で行われました。

 

聞かれた質問

・なぜうちのサロンを志望したか

・サロン見学の印象。担当ネイリストはどうだったか。どんな話をしたか。

・なぜネイリストを志したのか

・簡単に今までの職歴。

・旦那の職業

・旦那はネイリストへ転職することをどう言っているか

・家庭との両立はどう考えているか

・今後の目標は

覚えてるのだとこんな感じかな。

 

本命のサロンだから正直に、支離滅裂だったけど特に返答に困ることは無かった。

 

面接官の方もあらかじめ用意していた質問ではなく履歴書とアンケートからその場で質問を考えながらで、割と会話しているような質問の進み方でした。

ある程度質問に答えた所でその方がサロンについて、誇れるところの説明が始まって

話し手が気持ち良く話せるように何も言わず笑顔でひたすら相づちを打ってました。

 

割と新卒も採っている会社だから面接兼会社説明会といった感覚なのかなと。

でもその説明がとてもおもしろいというか、接客レベルが高くてお客さんの立場で行ったときに感じた心地よさはきちっと根拠があるからなんだ、なるほどな~と感心してしまいました。

福利厚生がしっかりしている理由も根拠があっていい会社なんだなぁと思った。

 

あ、面接行く途中に会社情報をチェックしまくったのが意外と役に立って、〇〇社長の理念で「   」こういうところに共感して~ とか

直近であった会社のイベントもちらっと触れたら話自体は盛り上がった。

今のネイルスクール就活のサポート一切ないけど大学の就活であほみたいに企業受けまくってた経験が活きてるなw 

 

1通り話があったあとは私からの質問

・今後もサロン増やす予定があるか

・どんな人が欲しいか

・入規約はいつ頃か

・研修について

・お話を聞いて素直な感想。根拠に基づいているから接客のレベルが高く、実際に体験したからより納得した、ということを言った。

最後に前向きに検討お願いしますと熱意を示した感じ。

 

それと給与については向こうから資料を使って細かく説明があったのと、研修期間どういうけいたいになるのか等も教えてくれました。

 

結果が郵送ということで落ちたかもなと期待はせずに待っています。

 

帰りの電車でさっそく2社目にリジョブから応募したんだけど、面接すらしてもらえずに即効で落ちました笑

 

受けるなら直接電話した方がいいのかなと思ってしまった。

とりあえずこれで2社受けたことになって、面接の結果縁がなければ次は土日休みを捨てて大手受けるかな。

 

本命の面接終わって最後のGW満喫中(¯∀¯)✨

 

 

liveinaus.hatenablog.com