ネイリストでワーホリから永住権へ☆in オーストラリア

これからネイリストになって来年2016年にはワーホリで渡豪する予定です。それから永住権取ってオーストラリアで活躍できるネイリストになる!!

ネイリスト就活記 サロンの選び方

コメントで質問いただいたのでどうやってサロンを選んだか記事にしようかと思います´ω`*

 

ネイリスト就活記1回目のサロン見学ではすでにmust条件が決まっていましが、こういうサロンに就職したいっていう動機はどう生まれたかまとめます。

 

3つの観点から自分の希望を出して多く当てはまるサロンをピックアップしました。

 

第1位

どういう生活を送りたいか(プライベートで)

 

第2位

どういうネイリストになりたいか

 

第3位

将来的なビジョン

 

 

1:プライベートをどう過ごしたいか。

 

1番重視したのは

私の場合どう仕事をしたいかよりプライベートで何を失いたくないかがなにより大事でした。

人によっては朝遅くスタートしたい、服装自由とかネイリストになってもここを取ったら絶対に強いストレスになるというのがあれば、それは持っておいた方がいいと思います。きっとここは一つや二つ何か希望が出てくるのではないでしょうか。自分のわがままな部分だからね。

 

私の場合・・・

①土日休める

→旦那がカレンダー通りの仕事で、過去まだ一緒に住んでなかった頃休みが合わなくて本当に辛かった経験があるからこれは外せなかった。

定休日がなくても土日休み取れますとか希望給取れるとか求人広告に書いてあればチェックしてました。

 

社会保険完備 

→完備じゃなくても社会保険に入れるサロンが良かった。アルバイトでの研修期間が長かったり美容国保のところはやめた。

扶養入るのに社会保険についていろいろ調べた時に将来もらえる年金の額少ないから、ついつい見落とす部分だけど要チェック

 

③夜なるべく早く帰ってきたい

平日旦那とすれ違い生活はやっぱつらいなと思って。ただ未経験だと遅番OKじゃないと受からないよなとここは少しあきらめていました。なので通勤時間と営業時間を比べてなるべく早めに帰ってこれるところを比較しました。

 

2:理想のネイリスト像

プライベートの希望条件で軸というかMUST条件が出来たら、

さすがにプライベートだけ充実して仕事中ツライっていうのは意味ないので

仕事している自分の理想を考えます。

 

例えばとにかく数こなして黙々と作業してる方がいいかも、ゆっくりお客さんと話しながら働きたい等々

これからネイリストになるってなったときになんとなくなりたいイメージ像はどんなか洗い出す。

ここはきっと自分がお客さんとしてネイルサロンに行ったときどういうサロンが好みかという点と同じになると思います。

もしもどうなりたいかはっきり分からないという人はサロンに行って居心地の良い悪いを体感すればイメージが描けるはず。

 

ちなみに私の場合・・・

お客さんの立場で嫌だと感じたサロン→

①内装がおしゃれではなくてテンション上がらない&清潔感がない

②ネイリストさんがギャル

③デザインの相談に乗ってくれない

④時間ありきでケアのときとかもはや痛い

⑤デザインが好みではない

⑥接客が残念なところ、というかお客様をもてなす感がないサロン

 

つまり、『きれいな店内でゆっくりおもてなし出来る技術&接客のレベルの高いネイリスト』これが私の理想像でした。

なので上記に挙げた嫌なところが全くあてはまらないサロンに応募しました。

 

3:将来のビジョン

1と2を出してそれが完璧にすべて叶えてくれるサロンがあるかといえばなかなかないと思います。

なので入社後の自分に幅を持たせるという意味で将来的にどうするのかを考えます。

とりあえずネイリストにならないとその先のことは分からないけど、なんとなく自分の家でサロンひらきたいなーとかとか心の奥底に漠然とどうしたいってきっとあるはず。

私は結果的にどうなるか分からないけど自営業は嫌(親の大変な姿を見ているから)で会社勤めで給料を貰ってネイリストをしたい&人に教えるのもいいな~(学校の先生がすごく頭が良くて尊敬してるのもある)&いつか英語活かせたらいいな~ っていうのがあります。

 

将来的には自分でやりたいという人はサロン就職して仮にもし思ったのと違う!!!ってなってもそれはホームサロン開く上ですごく貴重な経験になるなら全然失敗なんかじゃないし、その時は大変だけど結果的に良かったになる可能性が高い。

実際私のブライダルネイルやってもらったネイリストさんは大手のサロンに就職したけど「これってお客さんのためにならないんじゃ?」って疑問に思うことが多くて

結局半年で辞めてネイリスト歴わずか半年でその勤め先とは全然違う場所でそこのお客さんを持たずに自分のお店を持っています。


入社後の自分に幅を持たせるというのは 

例えば入社したサロンで人間関係で悩む状況になった場合、自分の将来の目標に対してそれが耐えた方が自分のためになるのか考えた上で辞めるor続けるの判断をすると、客観的に自分の状況を見れるのかなと思っていて。 


ただなんとなく頑張るとか今辞めたら次転職しにくいだろうし、悪いし責任あるし…なんて無理してたら身体壊しちゃうでしょう。

だから合理的にというかちゃんと自分に理由があれば、正当に変に無理せず頑張れるきっと。

そのためにも先どうなりたいかがしっかりあると入社後の悩みも客観的に判断できて心に余裕が出来るのではと思っています。


あくまでも想像にしか過ぎないわけだけど、過去に精神的にやられたりしたことあるから私なりにこうしようって感じ。

ただ将来のビジョンはころころ変わるものなのかもしれない。なのであくまでも仕事いやだなってなったときの対処法の1つとしてね。

せっかくこんなに頑張ったのにすぐ辞めたくなるのはもったいないしね。


私も最初からこんなにどうなりたいとかどうしたいって考えていなくて、手先それなりに器用な方だし仕事のことで悩んでて友達にネイリストになれば?って言われただけで、

給料が安いとか土日休めないなんて考えてもなかった笑


でも学校通いながら検定の練習する中で求人広告を眺めたりいろんなサロンに行って

マスト条件、なりたいネイリスト像、将来の夢がなんとなく見えてきた感じ。


これからサロン就活を考えている方は、なんとなーくを箇条書きで文字にしてみる。

そのなんとなくすらない人は求人広告を眺める、サロンに行くとかすると自然と見えてくるはずです。

 

それを踏まえて就職先を絞り込んで、そのサロンにあった対策をしていくと納得のいく就活ができると思います!


他にもサロン就活について書いた記事あります↓

liveinaus.hatenablog.com