ネイリストでワーホリから永住権へ☆in オーストラリア

これからネイリストになって来年2016年にはワーホリで渡豪する予定です。それから永住権取ってオーストラリアで活躍できるネイリストになる!!

新人ネイリスト、時短のアイデア

7月末にフットワンカラーデビューして、8月頭にハンドワンカラー。

デビューして丸々1ヶ月たちました。


忙しさがピークのお盆前を乗り越えて今落ち着いちゃったけどネイリストしてるな~って感じw


今まで美容院の方手伝わなきゃでなんかなーって思うこともあったけど、入客できるようになるとやっぱり楽しい!


接客の面では指名もらえたり店販商品ちゃんと売れたり、ちゃんと結果残せてて安心。

ネイリストやるまでにいろんな経験してるのと本をよく読むから我ながら引き出しの多さに感心w

どんな人でもどんな客層でもノリノリでお客さん話してくれる

接客のためにいろんな本読んで勉強してるけど勉強してることや今までの人生経験が活かせるのはやりがいだねー。


技術面ではとにかく時間!!!

フットはオフオン決められた時間より30分早く上げられて仕上がりも特に問題ないんだけど

手だね。問題ありまくりなのが。。


オフ→削りとアルミ巻くので片手15分。これをもう2~3分縮めたい。でも削りで熱くならないか怖くて時間早くできない。

ドライケア→両手20分でプッシュアップ、ルース除去、形成、バフがけ、油分除去ができれば時間ちょっと押すくらいで終わる。だけど人によって自分のコンディションによって長くて30分かかることがある。

オンのみでジェルやったことない人とかはプッシュアップで何より時間取られるからそういう人は最初から諦めて時間短縮。

形成でも迷いがあって戻ったりするから爪切りで狙いを定めるというかビビってあまり切らないのはしないようにする。形も最後に調整する。


ここまでが勝負で残りは1発でサイドもガタガタしないようにベース塗ってライト入れる前の確認でジェル足したりしないように最初から決めに行く。

ベースがちゃんと塗れてればカラーは問題ないかなぁ。たぶん。


ストーンの誘導の仕方とかも工夫しなきゃでカウンセリングで手を止めない。意外と会話の中でスムーズにデザインとか決めないと時間のロスが激しい。

だからカウンセリングのタイミングとかはめっちゃイメトレした!

ご案内から全部流れを想像しながら書き出してどのタイミングでどう誘導するかとかをパターン別に。

そのイメージをしただけでものすごく時間短縮に成功しました。


でもとにかくドライケアの時間を短縮することが一番!

ケアってついついやりたくなっちゃうけど時間にはめた完成度で終わらせる。


トレーニングは苦手なフレンチカラグラずっとやってて、さらに10月からはアートもやるのでそっちもやってて練習しなきゃいけないことが多過ぎてついていけない。。


営業中練習できればいいけどまぁそんなことは無理だしね。


それにしても昨日エースラピ販売終了て!!!

パートナーのサイトなんとなく見てたら嘘でしょ?!って1人動揺。

サロンはほとんどラピで、今回の自主回収では何色か回収程度でそこまで大きなダメージなかったけどジェルどうするんだ??


とんでもないことになっちゃったね。



 

liveinaus.hatenablog.com